合計4,900円(税込)以上のご購入で送料無料!!

【vol.14】furoshikiの使い方 part 2 / Writing: Sales Promotion Ayako

TakagiMai

投稿日

【vol.14】furoshikiの使い方 part 2 / Writing: Sales Promotion Ayako
こんにちは。今回は、ファーストセットで包装に使用したfuroshiki が好評につき、復刻販売でもfuroshikiに包んでお届けしております。

リユースして楽しんでご使用頂きたいので、<vol.5>につづきfuroshiki

使い方を2つご紹介いたします。

 

       ペットボトル包み

        

 

普段は、マイボトル派の方も、いただきものや、足りなくなって購入することがあると思います。

そんな時、さっと巻いてスタイリッシュに。

 

作り方

1     

 

 

2      

 

 

3      

 

 

       

完成

ブックカバー

 

作り方

furoshikiを開き、本の高さに合わせて上下を折る。

両端のわっかに表紙と背表紙をいれて完成。

 

簡単なのに、とってもエレガントですね。

どちらも、簡単にできるので、是非お楽しみくださいませ。

 

       わたしのエコライフ  

最近は、エコバッグの使用が主流になりつつあります。

小さいバッグででかけた時のカバンの中での存在感ときたら、

こぶりのグレープフルーツぐらいありそうです。

(大きなエコバッグを使っています。)

 収納の仕方が悪い?小さいものを使えば?と聞こえてきそうですが、毎日

使うものなのでストレスなく続けられるように無理のない範囲で使用しています。

持っていくか迷いますが、結局持ってきてよかったと思う事が多いです。

そんな時、ふろしきは便利です。

ハンカチのように畳めて、かさばらない。

ayameのfuroshiki は、オーガニックコットンを使用しているので

ハンカチとしても、もちろん使えます。

こまめに洗えて衛生的。

変幻自在に形を変え、いろんな物を包み、見せたくないものまで

魅せることができる。

日本の文化「furoshiki」は、奥深いですね。

エコバッグは、丸めてしまう私ですが、furoshikiは

畳みますよ。

皆さまも、自分の使い方で楽しんで頂けると嬉しいです。

 

「Hello Happy days, Healthy world」

ayameは、女性の社会での活躍を応援しています。

かがやけ、わたし。

その他の投稿

0 コメント

コメントを残す

すべてのブログコメントは公開前にチェックされます