合計4,900円(税込)以上のご購入で送料無料!!

【Vol.8】女性ホルモンと心身の関係Q&A PART1 / Writing: Sales Promotion Ayako

TakagiMai

投稿日

【Vol.8】女性ホルモンと心身の関係Q&A PART1 / Writing: Sales Promotion Ayako

女性の心身のバランスに深く関わっている女性ホルモン。

聞いた事がある。なんとなく知っている。だからと言って特別何かをしている

わけではない。という方は多いのではないでしょうか。

実は、私もその1人です。


今回は、女性ホルモンがもたらす心身の関係にフォーカスし、

淀川キリスト教病院産婦人科医の柴田綾子先生に、Q&A形式で

お答えいただきました。今回と次回の2回に渡ってお伝えします。
 
 

Q1女性ホルモンって何ですか?

A. 女性ホルモンとは、卵巣から出ている①エストロゲン(卵胞ホルモン)と②プロゲステロン
(黄体ホルモン)の2つの物質をいいます。この2つの女性ホルモンは、脳の視床下部、下垂体
からのホルモンによってコントロールされています。女性ホルモンは、女性らしい体つきを
つくったり、生理がきたり、妊娠の準備をするはたらきがあります。
 ①エストロゲンの作用
 ・女性らしい丸みを帯びた体つきをつくる
 ・骨を強くする
    ・肌の張りを保つ
  ・排卵を起こすようにする
  ・脳の認知機能を保つ
  ・コレステロールを減らす
  
 ②プロゲステロンの作用
    ・体の水分を保つ
    ・乳房を発達させる
    ・体温を上昇させる
    ・子宮内膜を厚くして妊娠できる準備をする
    ・受精後に妊娠が続くようにする
参考資料
・日本産婦人科医会
・基礎体温計測推進研究会


Q2どうして女性は、ホルモンの影響をうけやすいのでしょうか。

また、影響をうけやすい年齢はありますか。男性にも、男性ホルモンや女性ホルモンが
存在すると思います。しかし、男性が男性ホルモンの影響で心身に影響が出たと聞いた
ことがありません。
 
A. 女性のホルモンは毎月の生理に合わせて大きく変化するため、生理の前後でいろいろな
症状が起こりやすくなっています。排卵前はエストロゲンが増え、排卵後はプロゲステロン
が増えていきます。そして生理が始まる前になるとエストロゲン・プロゲステロンともに
減少します。一方男性では、思春期になって男性ホルモンが上昇したあとは大きな変化なく、
一定のレベルが続いていきます。そのため男性では、ホルモン変化による症状が起こりにくい
と言われています。

女性も男性も、性ホルモンが減る更年期(40代後半から50代前半)には、

心身に影響がでやすくなります。特に女性は更年期のホルモンの低下が

急激なので、多くの女性が更年期症状(のぼせ、ホットフラッシュ、

イライラ、不眠)などに悩まされます。最近では、女性だけでなく、男性

にも更年期症状がでることが分かってきています。

 

Q3月経前症候群(PMS)の症状が軽い、重いは女性ホルモンが関係していますか。なぜひとりひとり症状がまちまちなのでしょうか。

 
A. 症状の重い軽いは、女性ホルモンが少し関係しています。これは個人差が大きくあり、
PMSの症状が全くなく困っていない人から、症状がひどく寝込んでしまい学校や仕事に
行けなくなる女性もいます。
PMSの症状が人によって違うのは、女性ホルモンのほかに、脳の神経伝達物質の違いも影響
していると言われています。ほかにも、仕事や人間関係などのストレスが大きい状況では、
PMSの症状は悪化しやすいと言われています。
I-特-34図 男性・女性ホルモンの推移

参考資料

男女共同参画白書(概要版) 平成30年版



Q4雑誌等では、女性ホルモンは体の不調とあわせて目にすることが多いですが、良い影響もありますか。また、年齢や出産の有無によって影響は違うのでしょうか。一番影響を受けやすい年齢はありますか。

A. 女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)は、女性らしい体つきをつくり、
骨を丈夫にし、肌の張りを保つなど、良い効果もたくさんあります。
女性ホルモンは年齢によって変化し、更年期(40代後半から50代前半ごろ)になると少しずつ
減っていきます。出産経験の有無によっては大きく影響を受けませんが、無理なダイエット
や、激しい運動で体のエネルギーが足りなくなると、生理が止まってしまい女性ホルモンが
減少してしまいます。更年期(閉経する前後5年間)は、女性ホルモンの減少の影響を1番受け
やすく、のぼせ、ホットフラッシュ、肩こり、イライラや不眠などの症状が出やすくなります。
参考:日本産科婦人科学会、ヘルスケアラボ

 

淀川キリスト教病院 産婦人科 柴田綾子先生 著述



 

いかがでしたか?

次回は、女性ホルモンと上手に付き合っていく方法をお伝えしますので、お楽しみに!

 

 

 

その他の投稿